2.床衝撃音の測定




2.床衝撃音の測定
「床衝撃音の測定」は、多くは「遮音性能測定」とセットで行います。集合住宅では特に音環境が問題になり易く、その中でも日常生活に関係の深のが床衝撃音です。床衝撃音は、各メーカが試験室で高性能な床材の開発にしのぎを削っておりますが、実際の状況でどれくらいの性能が出るかを現場でも測定し確認致します。
(床衝撃音の測定も遮音測定と同様にJIS A 1418「建築物の床衝撃音遮断性能の測定方法」という規格に定められた方法で行います。)

測定は、タッピングマシンという靴音のような軽量物に相当する軽量衝撃音を発生させる機械と、ボールとタイヤを落とすバングマシンという重量衝撃音を発生させる機械で子供の飛び跳ねのような重量物に相当する音の2種類を下階で測定します。




■測定縲恆ェ定結果の評価までのフローチャート

□打撃点の設定 受音点の設定
音源室の床面に打撃点を設定します。一般的には、居室の床面の対角線上の交差した点と対角線上の3点を打撃点とします。また、受音室側の測定点は、上階音源室と同位相点の5点とします。

□打撃及び測定
測定は床衝撃源発生器別に行ないます。設定した打撃点の1点に衝撃源を設置し打撃します。受音室の室内の5点で、1/1オクターブバンドで音圧レベルを測定します。5つ測定点での測定終了後、上階の床衝撃源発生器の打撃点を移動し、同様の測定を繰り返します。

□測定結果数値の計算 評価
周波数ごと、打撃点別に、受音室側で得た音圧レベルの数値の平均値を計算します。
さらに、打撃点別に算出した3つの平均値を計算します。
日本建築学会推奨基準(室内騒音評価)に基づき、計算で得た数値を受音室における床衝撃音レベルとし、測定結果をL曲線(図2)にあてはめ、遮音等級L(表2、表2-1)で評価を行います。

測定装置の構成


図2.床衝撃音レベルに関する遮音等級の基準周波数特性


2.床衝撃音レベルに関する適用等級


表2-1.適用等級の意味




Copyright (C) 2005 Kankyo Space All Rights Reserved.